自動運用ツールとの
比較

AIによる自動運用ツールは媒体社側でも
提供されていますが利用していますか?
利用されていない方、利用されている方、共に
Ogiveを使用した広告運用をお勧めします。

Ogiveが提案した入札単価

次のような場合は、Ogiveが統計的に正確で適切な単価を提案します。
自動入札ではありませんので広告運用者がOgiveから提案された入札単価の良し悪しを確認頂いてから入札することが可能です。
・自動入札単価運用を実行にするにはコンバージョン数が十分ではない
・AIに任せると変動が大きい広告グループなので心配

Ogiveが提案した入札単価

次のような場合は、Ogiveが統計的に正確で適切な単価を提案します。
自動入札ではありませんので広告運用者がOgiveから提案された入札単価の良し悪しを確認頂いてから入札することが可能です。
・自動入札単価運用を実行にするにはコンバージョン数が十分ではない
・AIに任せると変動が大きい広告グループなので心配

Ogiveと広告運用者の役割分担

次のような役割分担により広告運用者は入札業務から解放され、よりクリエイティブな施策に時間を使うことが可能です。
・重要な一部の広告グループ・キーワードのみ入札管理する
・広告費用が少ない広告グループ・キーワードは日々変動が少ないためOgiveに運用を委ねる
Ogiveに運用委ねる場合も次の2つの選択が可能です
・Ogiveから提案された入札単価のうち、従前の入札単価と比べて単価変動が大きい対象のみチェックする。
・Ogiveの自動入札単価の設定をONにする
毎日運用管理している広告グループを

Ogiveと広告運用者の
役割分担

次のような役割分担により広告運用者は入札業務から解放され、よりクリエイティブな施策に時間を使うことが可能です。
・重要な一部の広告グループ・キーワードのみ入札管理する
・広告費用が少ない広告グループ・キーワードは日々変動が少ないためOgiveに運用を委ねる
Ogiveに運用委ねる場合も次の2つの選択が可能です
・Ogiveから提案された入札単価のうち、従前の入札単価と比べて単価変動が大きい対象のみチェックする。
・Ogiveの自動入札単価の設定をONにする
毎日運用管理している広告グループを

AIの共演:Ogiveと
GoogleAdwords

GoogleAdwordsの場合は自動入札単価はキャンペーン単位となるため次のような運用することも可能です。
・キャンペーン内の全ての管理対象をAIで運用したい。
    この場合はOgive、各媒体の自動入札機能、いずれかをご活用ください
・キャンペーン単位ではなく、広告グループ・キーワード単位でAIを活用したい。
    この場合はOgiveをご活用ください

loader